✍ベネッセ模試対策 中2クラス

土曜日20時は中高一貫校生徒達のクラスで、だいたい同じ時期に学校で模試を行います。
進研模試(ベネッセ)を受けていますが、学校によってはプラスして、サピックスも受けるなど様々。

幸いにしてこのクラスの4名は全員中学が違いますが、定期テストの時期や模試の時期が似ているので
本日は再来週に控えた模試に向けて急遽レッスン内容を変更しました。
子どもたちの要望に応えて。

模試の範囲が助動詞、不定詞、動名詞、文構造とのこと。


ノートに要点をまとめてもらう形式をとりました。
もともと板書をとらせるやり方をしておらず、
というのも一番の理由は私が板書型レッスンが苦手だからです苦笑。
上手にまとめて書くのも個性。
自分のわかりやすいようにまとめるのが一番だと思っています!!



物は言いよう・・・笑




このクラスの子たちは自分流にそれぞれちゃんとノートにまとめていました!
上手に自分で色分けをしたり、表も自分でわかりやすく書いていました。


助動詞のポイントはたくさんあり
忘れやすいところはmustには過去形がないとこや、疑問文で聞かれた場合の答え方。
need, had better,shouldなどのポイントも抑えれました。ノート2ページに渡り、助動詞のポイントを。

不定詞は名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法で中学2年生の2学期から習う
中学1年生の基礎ができていないと難しくなっていく箇所で、英語嫌いスタートもここが分かれ目。
それをずっと意識しているため、不定詞を教えるときは簡潔に!が一番混同を避けれます。

名詞的用法を教えるときもついでに動名詞も伝えます。
単元で分けず、繋がる部分は一緒に教えるなどまとめれるものはまとめてシンプルに。
不定詞もノート1ページにまとめてもらいました。


模試では書き換えがよく出ていて
同じような文章になるようにかっこ内に適する語を入れなさい。ただし一語とは限らない。
や、
以下の文章を並び替えなさい。ただし一語不要な語があります。
など
子どもたちはとっても嫌がります 笑。

ひっかかりやすいポイントは伝えました。素直な学生達。
一題一題ひっかけにひっかからないよう勝負です!


長文読解練習は宿題で毎回3題ほどの長文問題を出しています。

来週は文構造。高1の最初でじっくり習う箇所。
ここは国語と似ているので理屈でしっかり伝える予定です。






資料請求はこちらから