英検®︎英作文 ☆準2級・2級編

Hello!
福山市春日台と今津町の英語教室
マイティーバーズ・イングリッシュスクールの宮地香です。

英作は気分が乗るまで時間がかかる。

乗ってきたらアイデアがどんどん浮かび、それを英語にするのみ。




しかし、その最初が意外と難しい。。




例えば、2級の場合。

「若者が自身で会社を立ち上げること」に

賛成か反対かを瞬時に判断。その理由が3つほどポンポンと日本語で浮かべば書きやすい。


だけど英語にしないといけないので、やはり書きやすい方を選んで書く方が得策。


否定語のいい単語が見つからなければ、主語を変えて文章全体を受動態に変えてみたり
また単純にnotを補って否定文を作ったり。



副詞を使って文章をより彩り、覚えておくと使いやすい動詞も伝えていきました。

これは準2級にもいえること。


どちらの級も理由を2つ書き出さないといけない。
文字制限は準2級は50語以上。2級は80語以上。




英作文にもやはりテクニックがあり、2016年から始まった新英検®︎。
英作文が3級から加わり、大変!! マイティは特に小学生から英検を受検するので策が要りました!!


2文以上の日記を書く練習からスタートさせましたが





いやいや待てよ 笑。




英作文の配点が高い!!
全体の3分の1を占めている!!




裏を返せば、英作文を制すると合格に極めて近づくわけです。





ってことで、この約1年半の経験により、


英作文は私の得意分野へと 笑。






明日より始まる英検。とりあえず英作文とリスニングと語彙と。




英検3級は年齢が中学生なら余裕です。 小学生なら少し練習が必要です。

英検準2級も2級も中学生以上なら中学英語で十分です。ただ中学生でも
少しの比較級と数個の助動詞とif節を使った例題文の書き方と。



2級なら不定詞を駆使し
so that構文や関係代名詞を使って文章をより長く。
2級なら知っている動詞の幅も広がり書きやすいと思います。




ちなみに、but,andは、文頭に置いて使えません。

これは私が高校留学中、日記の宿題があり(苦痛でしたー、毎日同じ生活なのに 笑)
そこで習った内容です。




なので、Butの変わりにHoweverなんてどうかな。



誤字するくらいなら簡単な単語で正確に書く。中学英語、侮るなかれ 笑。



中学時代の英語を大切にしよう!!



コメント

非公開コメント

資料請求はこちらから