プロム…には行ってません

Hello!
福山市春日台と今津町の英語教室
マイティーバーズ・イングリッシュスクールの宮地香です。
アメリカ留学時代の最大のイベントとでもいえるPROM、プロム。
卒業前のjuniour, seniour 3年生、4年生が
(高校は4年制で、1年生から freshman, sophomore, juniour, seniour)
参加するダンスパーティーで、しかも男子が女子を誘います。

4月に行われるプロムパーティーに向け、3月はバタバタ。
アメリカは卒業写真も別に撮ったり、卒業リングもあったり、卒業する前に住所と名前を入れた名刺を
作ったりと何かと忙しい。当時の私は、日本でいうと、まだ高2の春休みにあたるので、卒業とかは
いまいちピンとこず、流れに任せていました。


広島県福山市から出たことのない うぶ(笑)な私にとって、プロムは最も憂鬱なパーティー 苦笑。


まず、明らかに見た目の違いに恥ずかしさと、もともと前へ出るのが苦手なのに、ドレスって!!笑
私の辞書に、ピンクやらドレスやら可愛いやらの形容詞はなく、ただただ恥ずかしいのと
行きたくない!の一点張りで、hostmomやhostsisterにも意味分かんない!っと呆れられていました。。
せっかくアメリカの高校の卒業単位がもらえるのに!!
卒業する人じゃないとプラムには出れない、一生に一度しかないことなのに!!


と、若干 切れ気味(結構キレ気味 苦笑)で言われました。。



今の私ならその価値がどれだけ大きかったものか分かります。
今の私なら、迷いなく、行く!という判断もします。もったいなかったな…という気持ちもあります。


でも、当時の私には出来ませんでした。


尋ねてきてくれた男の子もいました。ちょっと恥ずかしそうに言ってくれてたのも覚えています。
私の学校には私以外に6名のヨーロッパの国々から留学していた子たちもいたので
その中の1人の男の子も誘ってくれました。彼の英語はプロムの頃には流暢で聞きやすい英語になっていたのを
よく覚えています。



アメリカ留学までしても変わらないシャイな性格。



ドレスを着て男子と踊る。

ナイスカップルコンテストまであり、卒業アルバムにデカデカと載ります 笑。


そんなこと、全然惹かれず 笑。



ましてや、クイーンの称号を得て、ティアラを乗せられ腰に手をあて、ハイポーズ!!
なんて、無理無理 笑笑!!



大人になって思うのは、社交場では日本でも社交ダンスくらいは踊れないといけないのかな。。

そんな場所にお呼ばれしたことがないので社交ダンス一つも踊れませんが、
社交的な性格が目を出してはきています。笑


日本の高校3年生にプロムって未だに定着しません。
ってことは、私の25年くらい前 笑の感覚は未だ存在してオッケーということでしょうか 笑。

少なくとも、うちの娘達はプロムに参加出来ないタイプで、血筋だろうけど、



何とかその殻も破れるといいな…




挑戦意欲って生まれ持った物もあるけど、いつか変わると思います。


それは人生経験が積み重なると出てくる別の感情も後押ししたりと。


我が子がうまくいかない行動をとっても、10年後にはどう変わるか分かりません。


うちの娘たちで言うなら、二人とも5年前とは真逆の性格へとそれぞれ成長していますし、
私自身も日々変化。老いてるともいうが、成長とも言いたい! 笑



大人のプロムパーティーもなんかいいかも。


ただ婚活ではないので、フレッシュさにかけるかな…笑

コメント

非公開コメント

資料請求はこちらから