パスポートと共に

10年に1度の更新の時がやって来ました。
頻繁に日本から出るわけではないけど、10年の間に数回は海外に行っているんだなと
ふと日常の怒涛のように過ぎる生活でも幸せを感じれます。
バタバタしているだけではない事を思い出させてくれて 笑。


初めての海外は1991年。高校2年生の時のアメリカ留学です。
初めて持ったパスポートは子ども用のため5年期間のもの。

モノクロの写真でブスッとしている16歳の私が、まあ不細工で 笑。
もうちょっと口角を上げるとか、小細工、いや少しでも可愛く見せる方法があったろうに
そういうのが苦手なかわいくない女子でしたから、真正面で目が座って、ハイオッケー!!

2回目は20代に入って、自分の留学先を1人で訪れた時に更新。
ホストファミリー宅を訪れ、通っていた高校にも連れて行ってもらいました。
とても懐かしく、そんな綺麗な楽しい思い出ばかりではなく、どちらかというと
分からない、通じない、日本人がいない、孤独…といった自分の置かれている世界でもがいてた
辛い17歳の自分に会いに行った感じです。



私の通っていたRitenour High School

20180305145316220.jpeg


20180305145317808.jpeg



それからまた数年後、オーストラリアのケアンズとアメリカのLAへ。
20代での海外旅行は終了し、子育て期へと突入です。


と思いきや、33歳の時、長女と次女を連れてカナダへ行きます。
カナダ人のお友達の結婚式出席のため、バンクーバーから国内線に乗ってKelownaまで。


30代。3冊目のパスポートへ更新。


32歳の時に、3歳違いの子どもを出産したいという計画があり、今しか行けない!!!
と、焦って急にカナダ計画を立てて夫がしぶしぶOKを出すも、
長女がまたじっとしていない好奇心旺盛なタイプだったので
長女のパパでもある私の夫は自分の娘が海外で行方不明になる夢にうなされ翌朝即却下に 笑。




だけどやっぱり行く事になる、その1年後 笑。
しかし、1歳になる手前の次女を片手に~_~;
もちろん大変でした!!! 笑笑

次女の記憶にカナダ旅行は一切ありませんが、
残している数々の写真が証拠となり、次女自身も嬉しそうで(記憶はないのに 笑)、
だからやっぱり連れて行って良かったです!!





結局30代ではアメリカのLas Vegas、San Diego、メキシコのTijuanaへ。
福岡から強行突破で韓国の釜山への旅。

これで3冊目のパスポートとはさようなら。





そして40代に入り、4冊目のパスポートが無事手元に届きました。
2冊を比べ、パッと飛び込む30代の自分の顔写真。
ちゃんと10年経過している自分を受け入れました 笑。

30代はやっぱり肌も髪も元気!! 笑笑

50代、60代、70代、80代とパスポートの更新をずっとしていける
好奇心旺盛なままの自分でいたいなあと。

20180305145319549.jpeg


今年の夏はセブ島での語学留学(超短期)と中国の上海と香港行きが待っています。


行きたい場所が多過ぎて、時間も資金も体力も寿命も足りないと思う今日この頃です。







コメント

非公開コメント

資料請求はこちらから