意味調べの宿題

マイティでは
小学1年生の2学期から辞書の引き方を教えます。

現在の1年生にも、だいぶ定着してきました。

もちろん、辞書引きが面倒で苦手な子もいます。
早く引けた子のページ数を見る瞬殺荒技法でその場を繰り抜けようとする。。


そんな子には無理強いを決してしません。
図鑑のように絵を眺めさせたり、ほとんど一緒に引いてやったり
付録の絵のページで興味付けをさせたりと
辛抱強く、少しずつ、一歩ずつ。。




これが我が子となると、そうはいかないので不思議でしょうがありません 笑。
菩薩のような私は何処へ。
煩悩の塊の性格が頭角を現し、時間をかけない習得術に躍起になる母親の時のかおり先生。



いけません 笑。

思い出される我が醜態の数々 笑。 漫画のような長女とのバトル。
反省しなくては!!



そんな中、小学2年生ともなれば、すっかり辞書引きが定着し、宿題にも出せます。


こうした可愛い絵や幼い字が心穏やかにしてくれます。自然と目尻も下がりますよね。



クリスマスシーズンなので、クリスマスに纏わる単語を。

2017121310363236b.jpeg


2017121310363497a.jpeg


20171213103635412.jpeg


201712131036372d5.jpeg




それだけではなく、ちゃっかり、
2月上旬に受ける英検Jrテストに向けて
頻出度高めの単語もピックアップして
辞書引きの宿題に加えていました。


あとは、文法時間に習った復習プリント1枚と。




宿題をきちんとする。




マイティの子どもたちのいい習慣です^ ^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント