Who is /What is that man?

この問題を問いてみましょう。
と、きました。


( )is that man,Jane?
( ) my English teacher.
( ) is that man, Jane?
( ) an English teacher.


( ) には1語しか入れてはいけません。




答えは上から
Who
He's
What
He's



簡単に言うと、Whatは職業を聞いていて、Whoは誰?とその人自身何者かを聞いている文章の違い。
答えの my English teacherかan English teacherかで見極めが大事。


こんな細かいこと!!

中1生の一貫校対象クラスに出した問題ですが、
5年後の大学受験ではこういった問題よりも
むしろ論理的思考、柔軟な思考による英作、英語表現、会話力が重要だと思いますが
なぜ私が出題に至ったかと言いますと…



やはり目先の模試なんです。。。


いろいろな模試を学校や大手塾で受けさせられますが、
未だ模試はこういった問題が大好きなため
模試前は、それに対応した中身へと。




柔軟に対応 笑。



結果は生徒達のモチベーション維持に一役かいますし、覚えていて無駄な事もありませんし。
ただ効率良くだけは重視しています、
なんせ時間のない中学生達ですからね。





今のマイティの小学生達が、こういった問題に直面した時に
歌や会話で習った直感やなんとなくという違和感や感覚を大事に
中学英語に立ち向かってくれればなあと願っています。



ちなみに、マイティの中高生は、このなんとなくが優れています。
言葉にできない感覚。センス。





1日2日では身につきません^_^

コメント

非公開コメント

資料請求はこちらから