世代交代

私の英語教室に通っている子どもたち、男の子達はほぼ全員将棋がさせます。
好きなのでしょうね。

私が福山市春日台の一画で教室を開校したのが2012年2月。
今でも忘れません、あの時の思いや記憶。




それはさておき(笑)。



あれから5年の月日が経ち
例えば、小学1年生から通われている子どもたちも
この4月で5年生になるわけです。


待機時間の有効利用をいろいろ考えていました。
開校当初は未就学児童から小学低学年ばかりでしたので
兄弟関係の待機時間に家庭学習を持たせても、走る。


終わった??宿題!?


終わった〜!!!と走る。


走るなーーー!!


の注意は確かに守ってるんです。




敵もやるのです。
なんせ競歩してますから(笑)



遊びたい!じっとしていられない!子どもたちvs1階のテナントさん達のことが気になるかおり先生



トランプ、UNOなどのカードゲームに加え
オセロは私が子どもの頃に使用していた
昭和テイストの物を(女子も楽しんでます)
男子は歴史好きという勝手な私の解釈で歴史漫画を(大成功!)
そしてどうぶつしょうぎを購入し対局させたりと
あの手この手で待機時間も楽しく有効活用。



どうぶつ将棋ではいつの間にか物足りなくなり
いよいよ将棋を購入し
対局時計まで購入しました。


過去のブログにもその頃の様子をよく綴っています。



20170223085416d41.jpeg

最近入会してくれた就学前の男の子たち。


自分の持ち駒を取って喜んだり(笑)、若干ルールが統一されていないようですが
彼らの時間の流れの中で覚えていくことと思います。


こうして今、未就学児童の子達を見ると
現在の小学高学年の子達の幼い姿とふと重なり、懐かしく。



どうぶつ将棋を指すこの子達もいずれは将棋を指したくなるんだろうなぁ。。

コメント

非公開コメント

資料請求はこちらから